うつ病

皆様、新年明けました! 今年も宜しくお願い致します!

この間ロードショーを見ていたのですが、主人公がかなりの変人。

変人過ぎて周りの人から嫌われています。その変人を見ていて思いました。

『みんな変人だって』 変人だって決めてるのは周りですよね? 周りが変だと思えば変人になる。では周りの人が正常かというと、そんな事もありません。変だと批判している人も何処か変ですよ。問題はその部分が目立っているかだけです。

だから自分が『変なのかな?』と悩んでいる人はそんなに悩む必要ないと思います。気になるなら直していけば良いだけですよ。

『変』な事を肯定してる訳ではありませんが、ただ気にし過ぎて悩むのはどうかと思います。

ここからは今回の本題へ入っていきたいと思います。

以前、心の病に関しても少しずつあげていきますという事を言っていたので、今回は患者数の多いうつ病を取り上げる事に致しました。

心の病としては定番ですが、このジャンルを扱っていくうえで、うつ病は外す事は出来ません。今更感は強いかもしれませんが、今後を考えても紹介しておくべきだと思いました。

うつ病

うつ病は、精神病としては有名な病気です。その数は増加しておりますし、高齢化社会が進んでいますから、今後も増えていく事が予想できるのではと思います。

初期段階は誰でもかかる可能性のある『風邪のようなもの』ですが、重症化するほど厄介になり、生活に様々な支障をきたします。

うつ病による自殺者も大変多いです。ですから初期段階で気ずき対処していく事が重要になってきます。

症状のサイン・かかりやすい人

落ち込みやすかったり、気力が弱くなったり、食欲・睡眠欲・性欲が明らかに減退していると感じる場合はうつ病のサインだと思ってよいと思います。

うつ病になると無気力になり、生きているうえで感じる様々な事の感度が低くなります。倦怠感で体がダルかったり、何を食べてもおいしくなかったり、酷い場合は味がしない、砂を食べていると感じたりするそうです。

生きている実感がなくなったりもします。

真面目・正直者・融通が利かない・息抜きが下手・考えやすい・悩みやすい人がかかりやすいと言われております。それから遺伝も大きな要素です。

サインが出たり、かかってしまった場合は病院に行く事をおすすめします。周りの人に相談するのも良いです。思いを抱え込んでいる場合は話すだけでも気持ちが楽になります。

種類

うつ病には種類があります。躁状態のある躁うつ病(双極性障害)や他の精神疾患が混じっているタイプ。

精神病はプロの方でも診断が難しいと言われているので、自己判断せずに専門医に診てもらった方が良いでしょう。

治療法

薬物療法・精神療法。いずれも専門医にしっかりアドバイスしてもらって下さい。

驚きなのは、治療法が1人1人違うという事。

仕事に対しても、無理せずに休職したりは当然ですが、場合によっては仕事をやり続けた方が良い場合もあります。

それから食事・睡眠をしっかり取りましょう。

最後に

今回は心の病、うつ病を御紹介させて頂きました。心当たりのある方は、身近な方に相談したり、病院に行ってみる事をおすすめ致します。

かかってしまった場合は、専門医のアドバイス通りにし、少しずつでも回復していくしかありません。難しい事ではありますが、あまり重く考え過ぎない事です。周りが悪く言ってくる時は距離を置いて下さい。自分の年齢の事も忘れましょう。

ただ日々を歩めば良いのです。根拠なんてなくても構いません。大丈夫です☆

 

それでは失礼致します。