かけがえのない存在

どうも、ウボォーです。ご訪問頂き、誠にありがとうございます。

 

今朝は美味しいコーヒーが飲めたので、気分が良いです。カラダに沁みました。

 

皆様、友達はいますか? 友達という言葉は複雑です。定義が人によって違うからです。友達とは、同等の相手として関わり合いがある人の事を指します。でも実際にはそんな事は関係ありません。本人が友達と思うかどうかです。

大切な友達が居ると言える人は幸せだと思います☆

 

かけがえのない存在

友達・親友というのはかけがえのない存在で、人生を豊かにしてくれます。何に変える事もできないですし、お金で買えるものでもないと思います。代わりがきく人はおらず、その人ではないとダメだという存在。そんな友達が居るといいですね。

共に喜び、時には喧嘩をし、時には笑い合い、時には一緒に悩んだり、お互いを励ましあったり。なんの見返りも望まない。

簡単な付き合いではありませんが、それがかけがえのない存在かと思います。

 

無理に付き合うことはない

どんなに友達だと思っていても、相手によっては全てにおいて、おかまいなしの人も居ます。こちらがすることの全て逆の行いをしてくる人です。一方通行の関係。

あなた様がそれでも良いと思うなら、それでも良いでしょう。でもその関係を続ける事は経験上、容易なことではありません。ウボォーはそれでも良いと思って10年以上付き合いましたが、等々自分に負けてしまい、自分をすり減らす結果に。自分に負ける事も、すり減る事もないと思っていたので、なって初めて分かりますが、相当辛いですよ。

だから付き合っていて、ストレスが過ぎてきた時には、無理に付き合うのを止める事が無難かもしれません。

 

距離は徐々におきましょう

上記の様な相手の場合、いきなり距離を置いたり、切ったりするとろくなことがありません。ですから少しずつです。少しずつ連絡を取る頻度を減らし、会うのも減らしていきます。

それでもいいがかりをつけてくる人もいますが、笑ってその場を切り抜けるか、キレるか、無視しましょう。ですが、キレるのはおすすめ致しません。なぜならあなた様の価値を下げてしまいますし、時間も気力も無駄になるからです。

 

時には切ることも大切

切るに値する相手というのは、あなた様に尽くしてもらうばっかりで、なにも与えてくれる事はありません。なにも与えてくれないどころか、足をひたすら引っ張ってきます。自分が助けて欲しい時は平気で媚びてきます。正気かと思うほどに。

見返りや損得勘定なしに付き合い始める事ができる人でも結果、見返り・損得勘定ありだったとなるほどにまで、平気で追い込んできます。

ですから場合によっては、友達関係を切る事も大切です。

切る事でより幸せになり、有意義な時間を確保できるからです。切った直後は頭を抱える事もあるかもしれませんが、時間が解決してくれるはずです。

そして落ち着いた時に思います。なんて時間を無駄にしていたのかと。

…ところが無駄ではない事にいつか気づきますよ☆

本当の友達

友達付き合いを続けると、いろんな事を経験し、思う事があります。

上記の様な事があるからこそ、友達という存在を、深く考えるのかもしれません

(感じるのも大切)

そしていつか志を共有できる同士と出会えるかもしれません。それがあなた様にとっての本当の友達でしょう。

見つかると良いですね☆

まとめ

いかがでしたでしょうか? 友達というのはなかなか複雑で、時には距離を置いたり、絶交したり、また仲が戻ったりする事もあります。こうしてあげてみるとまるで恋人の様ですね。

かけがえのない本当の友達はあなた様の人生を豊かにし、間違いなく財産となるでしょう。

見ず知らずのあなた様ではありますが、友達が出来る事を陰ながら願っております☆