ついに始まった新型コロナのワクチン接種

どうも、ウボォーです。 ご訪問頂き、誠にありがとうございます。

 

前記事で言っているように、暖房器具が壊れまして、昨晩と朝は悲惨なものでした。室温が6℃の中の作業や就寝。体は堪えますが、気力があれば作業が出来る事を証明しました(笑) 就寝時は手袋にニット帽まで付けました。眠りは浅くなりましたけどね…

外の冷える場所は-4℃とびっくり。そりゃ寒いはずですね。

掃除してなくて使いたくなかったエアコンを、掃除して使用。今は難なく過ごせています。6℃で過ごしていたので、暖房の温度設定を最低にしても快適に感じます(笑) 普段なら普通に寒いのに。省エネです。

どうでも良い前置きが長くなりましたが、ここから本題に入ります。

新型コロナウイルスのワクチン接種

ついに新型コロナウイルスのワクチン接種が国内で開始されました。

ワクチンの効果に関しても、これだけ短期間の開発期間にも関わらず、インフルエンザワクチンの有効性が40~60%だと言われているのに対して、新型コロナウイルスのワクチン効果は2回の接種で95%の有効性が認められているようです。

ワクチン接種は、医療機関の負担を減らす事にも繋がります。

ワクチン効果が95%の有効性と言われているにも関わらず、人類が新型コロナウイルスを克服できるかは、まだ分からないと言われております。

ウイルス変異の可能性があるからです。

新型コロナウイルス感染により、令和3年1月末までに6千人以上の方が亡くなり、3万人以上の方が入院中です。特効薬は開発中の段階です。

一般的にワクチン接種後には、ワクチンが免疫をつけるための反応を起こすため、接種部位の痛み・発熱・頭痛などの「副反応」が生じる可能性があるとの事です。

治療を要したり、障害が残るほどの副反応は、極めて稀ではあるものの、ゼロではありません。(予防接種による健康被害は救済制度の対象です。)
今回新たに承認されたワクチンの国内治験では、ワクチンを2回接種後に、接種部位の痛みは約80%に、37.5度以上の発熱が約33%、疲労・倦怠感が約60%の方に認められているとの事です。
ワクチンに含まれる成分に対する急性のアレルギー反応であるアナフィラキシーの発生頻度は、市販後米国で100万人に5人程度と報告されているようです。日本での接種では、ワクチン接種後15~30分経過を見て、万が一アナフィラキシーが起きても医療従事者が必要な対応を行ってくれるようです。心強いですね。

1~2万人の先行接種者を含め、延べ約300万人の方々について、ワクチン接種後の症状等の調査を予定との事です。今後は、ワクチンの安全性を継続して確認し、安全性に関する情報を提供していくそうです。

全国民に提供できるワクチンの数量を確保予定ですが、一気に確保する事が難しい事から、ワクチン接種には優先順位があります。

まずは、重症化リスクの高い方から順に接種することで、重症者や死亡者を減らすことを優先します。また、新型コロナウイルス感染症患者に対する医療提供体制を守ることも不可欠です。

したがって、以下の順位になるそうです

・新型コロナウイルス感染症患者等に直接医療を提供する医療従事者等

・65歳以上の高齢者

・基礎疾患を有する方や高齢者施設等において利用者に直接接する職員

その後、16歳以上の一般の方に、順次接種が行われるとの事です。

外国人も含め、接種の対象となるすべての住民に全額公費で接種を行う見込みとの事で、接種時期が近づいたら市町村から、接種のお知らせや接種券をお送りする予定だそうです。

新型コロナワクチンは、国内外の数万人のデータから、発症予防効果などワクチン接種のメリットが、副反応といったデメリットより大きいことを確認しているとの事です。国民の皆さまが納得して判断をしていただけるよう、国としては、情報提供に努めるとの事です。

注目の副反応

注目されている、副反応。

極めて稀とはいへ、治療を要したり、障害が残る可能性がゼロではないのは、やはり怖いですね。接種部位の痛み80%の数値も高いですし、痛みの度合いが分からないのも怖いです。疲労・倦怠感が60%というのも気になります。

調査によると、無料時のワクチン接種に関しては、半数が『様子を見てから』と答えているようです。あまり接種したくない・絶対に接種したくないが3割。

すぐに接種したい人が1割未満。個人的には1割未満というのは、驚きの印象です。これは日本人に限らずなのでしょうか?

日本人特有の印象があります(国民性)ロシア国民が、絶対に打ちたくないと言っているのはチラッと見ましたが。プーチン大統領が打たないのは、なんとなく、怖いですけどね。

副反応を恐れている人が断然、多いようです。その次が効果が疑わしいから打たないです。

という事は当然、副反応が明らかになる事で、国民の動きが一気に変わるという事ですね。期待も強いが警戒も強い。

 

未来

この人類にとっての危機を乗り越える事ができるのでしょうか?

いや乗り越えなくてはいけません。自然災害がいつ猛威を振るってくるのか分からないというのに、ウイルスなんかに負けていられません!それにはやっぱりワクチンが希望です。

ワクチン効果に関して、天秤には、希望と絶望が乗っているのかもしれませんが、希望が勝つのだと信じております…報道されていた、臨床試験の経過や結果なんかも本当なら期待して大丈夫なはずです…

 

今後の経過は人類にとって大きな意味があります。

 

参考 新型コロナワクチンについて | 首相官邸ホームページ (kantei.go.jp)

ありがとうございました。