友達が居ないことのメリットとデメリット

どうも、ウボォーです。 ご訪問頂き、誠にありがとうございます。

皆様、友達が居ないことで感じることは色々あると思います。友達が居ないということは、なにも悪いことばかりではありません。良いこともあります。

今回は友達が居ないことによる、メリットとデメリットの1例を御紹介したいと思います。

メリット

自由時間が増える

当たり前ですがいつだって時間は流れています。友達と一緒にいる時も同じです。友達が居ないことでその時間を自由に過ごすことができますよね。

友達と過ごすことで消費している時間は結構バカになりません。特に友達関係が広い方ほどそうかもしれませんね。

友達が居ない方は、それらの時間を好きに自分に投資することができます。友達が居ないと言うと寂しい印象があるかもしれませんが、悪いことばかりではないのです。そして友達が多い方ほど思うのではないでしょうか?

『自分時間には思った以上に時間が必要』だと。

趣味をするにも時間を消費します。読書や映画だけでも時間は結構いります。1日の1時間、2時間ってデカいですからね。

仕事に集中できる

友達が居るということは、それだけ人と関わることでの負担が増えているということです。いくら仲の良い友達でも、多少の負担はかかります。友達関係が不仲だと、もはやその説明は不要でしょう。

負担がかかっているということは、その他のことに支障が出てきます。その中でも割合を大きく占めているのは、仕事ではないでしょうか? 友達が居ないことで負担が減るということは、その分仕事に集中できるということになります。

睡眠の質があがる

これも上記と関連することです。友達関係で負担がかかって、場合によっては睡眠の質が下がるということ。睡眠の質が下がるというのは大変な問題です。

友達が居ない事で負担が減り、その結果、睡眠の質があがる。

睡眠の質は人生に関わることですから、その質があがるということは人生が変わることにも繋がります☆

一緒にいることでのストレスが減る

人間関係は友達関係だけではないので、友達が居ないということはそれだけ人間関係でのストレスが軽減されます。これもかなり大きいことだと思います。

人を通じて仕事をしている方や家族がおられる方は、友達が居るということは、ほとんどの時間を人と過ごしているのではないでしょうか? つまり、あなた様がストレスを抱えている場合は、その原因が人である可能性が高いのではと思います。

友達が居ないという方は、その可能性が減ります。そしてその空いている時間で、ストレスとは無縁の時間を、過ごす事ができます☆

デメリット

孤独

やっぱりこれだと思います。家族がいる方や友達がいらない方は良いかもしれませんが、そうでない方は、孤独は辛いのではないでしょうか?

1人が無理、話し相手が欲しいという方には、本当に辛いと思います。

自分時間が減る

メリットでも説明しましたが、友達にかかる時間はバカになりません。その分、自分時間は減ります。自分時間は思いのほか大切です。その時間を確保できないということは、息抜きができないということなので、ストレスに繋がります。

様々なことに支障が出る

友達が居ないということは、話す機会も相談する機会も減るということですから、それだけ心のはけ口が減ります。心のはけ口が減りストレスが溜まっている状態は非常に危険で、日常生活に様々な影響を及ぼします。

仕事・睡眠にまで影響し始めた時には、心の病であるうつ病の可能性も出てきます。うつ病になれば休職はもちろん、辞職も視野に入ってきます。

この様に考えると孤独が辛い方にとっては、友達が居ないということは、かなりのデメリットです。

最後に

いかがでしたでしょうか? 今回、友達付き合いをするうえで

・自分時間が減る ・負担になる ・ストレス

という言葉を使いましたが、本来ともだちとはそんな思いを抱く存在ではないのではと思うので、あくまで1例です。そういった言葉と無縁の存在でないことも確かですが…自分の時間を割いても、会いたいと思うのが、友達だと思いますので。

御紹介した中で、悪い意味で当てはまるものがある場合は友達関係を見直す必要があるかもしれません。

友達とは有意義な時間を過ごしたいものですね。