上手くいかない原因はPMSかもしれません

女性はその性質上、生まれ持っての苦労があります。

別の言い方をするとハンデかもしれません。

それは何かというと『PMS』です。

これは意外に知られていない事が多いです。男性は限りなく知らない人が多いのではないでしょうか?

女性は自身の理解に繋がりますし、男性は知る事で女性へのありがたみや、思いやりへと繋がります。

PMSとは

Premenstrual Syndrome(プリメンスチュアル シンドローム)の略で、月経前症候群の事です。

PMSは生理の3~10日程前に始まる心・体の不調で、その症状は200種類といわれ、人によって異なります。

症状

心の不調

・イライラしやすくなって八つ当たりする事が増える

・睡眠が浅くなって日中、眠たくて仕方がない

・ボーっとする

・集中力低下

・家事や仕事がはかどらない

体の不調

・倦怠感

・肌荒れ

・胸が張る

・お腹が張る

・むくみ

・食欲低下や増加

・甘い物を欲する

・腹痛、腰痛、頭痛

 

20代では気の落ち込み・憂鬱になる事が多く、30代ではイライラなど体に現れる症状が多いようです。

月経周期の間にも、女性ホルモンは急激に変動します。特に月経前の黄体期です。

PMSを知らない方は多いですが、症状の自覚がある方も又、多いのです。

原因

はっきりとは分かっておりませんが、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲストロン(黄体ホルモン)の変動が関わっていると考えられております。

PMSになりやすい人

・真面目

・几帳面

・執着気質で完璧主義

・自分に厳しい

・我慢するタイプ

・負けず嫌い

・生活リズムが乱れる人

対処法

『自分に優しくなってあげる事です』

PMSの症状は個人差があるので、年齢や性格を理解し、我慢しない事です。

病気が隠れている事もありますので、辛い時は周りに相談し、場合によってはお薬に頼ってください。

パートナーがPMSの場合

優しく接する事ですが、優しさと言っても色々ありますよね。

家事の手伝いから本当に色々だと思います。

ですから、大切な事を一つ覚えておいて下さい。

それは『心配り』です。

ちょっとした気遣いが大切です。

特に子育てとPMSが重なってしまうと、本当に辛いと感じている方が多いようなので、子育てをパートナーに任せっきりにしない事で負担を和らげる事に繋がります。

一人の時間をつくってあげる

パートナーがPMSの場合、先に述べました症状により、周りに八つ当たりしてしまう事があります。でもそれは本心でない事も多いのです。

返事するのも辛い状態で、ついきつく当たってしまう事があるのです。

ですから、当たられた時はスルーしてあげましょう。受け止めてしまうと、溜まってきた時に負担になってしまうので、スルーする事が大切です。

それでも辛い時は、話し合いのうえで距離を置きましょう。

一人の時間を作ってあげる事はパートナーにとっても大切な事です。

最後に

いかがでしたでしょうか?

PMSを知る事で、考え方や接し方は変わると思います。

『パートナーがPMSの場合』では、優しく接する事、八つ当たりされる事や距離を置く事と、周りの方からすると『随分と自分勝手だな』と感じた方もおられたと思います。

実際、接し方は、お互いに難しい事です。

ですから話し合いをしてバランスをとる事が大切なんですね☆

投稿者: ウボォー

初めまして、ウボォーと申します。よろしくお願いいたしますm(__)m なんでもあげますが、主にメンタル・哲学的な事を書いて、何かに悩まれている方の力になりたいと考えております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。