初めて救急車に乗りました

どうも、ウボォーです。ご訪問頂き、ありがとうございます。

3月6日(土曜日)の夕方に、初めて救急車に乗りました。ウボォーが気をつけていれば、そんなことにはならなかった。

いつもやることが山積みで、本来落ち込んでいる暇も寝ている暇もないが、その日はだいぶ早い時間からウトウトして眠ってしまった。

 

部屋扉を強くノックされ、目覚めた。

何事か聞くと、身内が倒れたことを聞かされた。身内はこれまでにも倒れているので、驚きはしない。

ウボォーは寝起きで意識が朦朧としており、後から振り返ると、普段なら気付けることにも気付かず、対応が悪かった。

初めは問いかけに反応していたが、普段倒れた時よりも滑舌が悪く、最後には意識がなくなり、イビキをかきだした(寝てる訳ではない)ので、救急車を呼んだ。

その後は掛かりつけの病院に運んで無事だった。

原因は低血糖なので、ウボォーがウトウトして寝ていなければ救急車を呼ばずに対応できた。多くの方に迷惑を掛けてしまった。危うく1つの命を失うところだった。

後から聞くと、発見までに20~30分経っていたのではということ。そのロスが、普段問いかけた時との反応の違いだったのだと思う。意識を失ったのは、初めてのことだった。

もうだいぶ弱っているが、今は普段通りすごしている。

 

最後に救急車に乗った感想だけど、座席が進行方向を向いていないのと、寝起きで低血糖だったので、酔ってもどしそうだった…

投稿者: ウボォー

初めまして、ウボォーと申します。よろしくお願いいたしますm(__)m なんでもあげますが、主にメンタル・哲学的な事を書いて、何かに悩まれている方の力になりたいと考えております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。