入院生活~手術後

入院生活4日目、10月1日。

目覚めるとベッドで1人だった。手術後は自分の病室ではなく、他の病室に運ばれるからだ。

術後、朝まで寝ていたらしい。Nさんは術後、2時間くらいで目覚めたと言っていたから、私はかなり寝ていたと思う。

看護婦さんが来て検温した後、初めて見る先生が来た。

手術のことを説明してくれるが、気分が悪く、それどころではなかった。正直話しかけないでほしいくらで、応答も悪かったと思う。

その後は朝食が運ばれてきた。体を起こすが気持ちが悪い。嘔吐用の容器を用意してもらって、朝食を食べていると、気持ち悪くなってリバース。

私は食事を残すのが嫌いだったので、それでも食べたけど、やっぱりリバース(´Д`)

看護婦さんには謝った。

昼食は申し訳ないけど、止めておくことにした。看護婦さんも、おかずだけでも確認するか聞いてきたが、無理しないことにした。

車椅子に乗って病室まで運んでもらったが、その時も酔った。後で思えば、普通に歩いて戻れたと思ったけど、車椅子で運んでもらってよかったのかもしれない。2日酔いのような余韻は、この日の2日後まで残っていたほどだった。全身麻酔が強烈なことがよく分かる。

病室へ戻るとNさんが迎えてくれた。

ベッドに座ると、Nさんの向かいのベッドに知らない人が横になっていた。私が挨拶すると、返してくれた。

気分が悪かったので、カーテンを閉めて少し休むことにした

(-_-)zzz

休んでいる時、股間から管が出ているのを目にして、一番嫌だったことをやられたのだと思った…

仮眠後は、新入りさんといろいろ話した。

その人は、Mさん81歳?のおじいさん。

腰の手術の為、入院。足首から先に痺れがあり、思うように動かすこともできない。

車で2時間の所から来ていた。理由は、先生指名。その先生に手術してもらった知り合いの回復具合を見て、その先生に決めたそうだ。

14~15才で父を亡くし、5人兄妹?で一昨年、弟を亡くしている。大変苦労してきたそうで、お百姓さん。食事は5分の速食。理由は車掌さんもでもあったからだそうで、車掌は次の列車までの間、5~10分しかないからとのこと。

趣味は登山。

Mさんはブロガーの祖先でもあった。なんと15才~現在進行形で、毎日日記を書いている。

凄い!

ノート300冊を超えると言っていたが、想像より少ないと思った。

Mさんは何の為にもならんとか、お嫁さんや娘にもいろいろ言われていると言っていたが、私は為になっていると言った。そこまでの継続力が人生にいきていないはずがない。私も日記や筋トレで、継続の大切さは知っている。

 

更新するかも?

投稿者: ウボォー

初めまして、ウボォーと申します。よろしくお願いいたしますm(__)m なんでもあげますが、主にメンタル・哲学的な事を書いて、何かに悩まれている方の力になりたいと考えております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。