感情的になることは良くないけどついキレてしまう方へ

最近感情的になることがよくないと分かっていながらも、感情的になってしまった。

感情的になるとろくなことがない。その後の予定がこなせなくなったりする。引きずってしまったり、気持ちの切り替えが苦手だから。

寝不足だったとはいえ、なぜ感情的になってしまったのか伝えることで、感情的になりやすい人へ何か伝えられたらと思う。

今回は、理不尽な人と向き合った時に、感情的になってしまったので、それを踏まえた上でお伝えしていきたいと思います。

この記事で分かること

理不尽な人と接して、感情的にならないように気をつけるべきこと

正面から向き合わない

理不尽・精神疾患の人と正面から向き合わない。

これは、困っている人を放っておけない人ほど、陥りがちなことだったりします。

正面から向き合うとなぜ良くないのかを挙げていきます。

干渉しない

日常で理不尽な人と接することが多い方にとっては、干渉しないということも大切です。

困っている人を放っておけないということは、自分から干渉しているということでもあります。

悪いことではありませんが、場合によっては、干渉しないようにしましょう。

対応に気をつける

相手の方を、感情的にさせないように気をつける。

気付いていないだけで、感情的にさせてしまっている時もあると思います。感情的にさせているということは、知らず知らずのうちに、あなた自身が感情的になる可能性を上げているということです。

ですから、これをなくすことで、あなたが感情的になる確率は下がります。

 

反応しない

理不尽な対応をされると、感情的になってしまうこともあると思います。

人によっては、故意に挑発してくるので、それに反応しないようにしましょう。

反応してしまう人にとっては、これも難しいことです。

その場から離れる

ここまで挙げてきたことの対処法はその場から離れることです。

今までには、深呼吸や瞑想なども心理的効果があるので挙げてきましたが、そのような場面を、それらで対処することは現実的ではありません。感情的になりやすい人にとっては、特にそうです。

ですからその場から離れる、逃げましょう。

プライドは捨てる

感情的になりそうな時に、とにかくその場から離れられるなら、その表現はなんだって良いのですが、逃げてくださいと言うと『理不尽なことされたのに、どうして逃げないといけない』と思う方も居られます。

気持ちはお察ししますが、プライドは捨ててください。あなたが悪くなくても、あなたと相手の為に、その場から離れましょう。

それでも『いや、我慢ならん』と思う方は、あなた自身が腑に落ちる思考法を見つけてください。

例えば、自分の方が大人だと思うや、相手の方を『可哀想』だと思うなど、なんだって良いです。

最後に

感情的になってしまった経験を元に、感じたことをお伝えしてきました。

キレやすい人は、初めに対処することが大切です。

一旦キレてしまうと止まらなくなるという危険性があるからです。

本当に気をつけないとです…

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よろしければ、サイト横のバナーをクリックして、応援してくださいね☆

投稿者: ウボォー

初めまして、ウボォーと申します。よろしくお願いいたしますm(__)m なんでもあげますが、主にメンタル・哲学的な事を書いて、何かに悩まれている方の力になりたいと考えております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。