過食症

過食症とは

食のコントロールができずに頻繁に過食した後に、その埋め合わせとして意図的に嘔吐したり、利尿剤や下剤を大量使用したりする事を繰り返す事で、身体や日常生活に支障をきたす、心の病気です。

正式名を、『神経性過食症』や『神経性大食症』と言います。

やけ食いのような一時的なものではなく、長期である事が多いですが、病気かどうかの判断が難しい事があるのも確かです。

やけ食いとの大きな違いは『やせている事が理想』だったり

『太っている事は醜い』と感じている所です。

そのうえ、過食・排出行動などしてしまう自分に、自己嫌悪を感じて、それがストレスになり、また過食してしまうという悪循環に陥るのです。この点がよく似ている、拒食症(過食排出型)と違う点でもあります。

過食のイメージから、太る事を想像するかもしれませんが、排出行動でやせていく事の方が多いです。

症状に関しては隠れて行う事も多いので、周りは気付かず、本人も病気である事を自覚できない事があります。

症状

詰め込むように、一気に食べる事です。

過食症は、意思で止められると思いがちですが、自分の意志ではコントロールできない事がほとんどです。

過食の時間以外は、絶食の事もあります。

過食症と判断する事が難しい事もありますが、アメリカの診断基準では、週に1回でも過食がある場合には、治療が必要だと言われております。

嘔吐や下剤による下痢でカリウムが失われ、不整脈が出る事もあります。

体重は正常でも、血液検査や心電図検査が必要になる事もあります。

又、嘔吐を繰り返す事による吐きだこができたり、胃酸の影響で歯のエナメル質が溶ける事により、虫歯や逆流性食道炎になる事もあります。

心理的には、体重が増えると『失敗』と感じたり、酷い時には

『生きている価値がない』と思ってしまう事もあります。

過食代もかかる事から、金銭的にも負担がかかります。

以下の方は、症状が出やすい方になります。

・自尊心が低い

・人の言葉や態度に敏感

・ストレスを感じやすい

・人生の転機(自立・就職・転職・退職・結婚など)

治療

徐々に過食・嘔吐を減らして行きます。

過食の時間以外、絶食の方はより改善に時間がかかる事があります。

規則正しい生活をし、そのうえでと薬物療法と心理療法を取り入れて行きます。

お薬

抗うつ薬のSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)が、効果的だと言われております。ただし、長期効果については、不明だとも言われております。

他の精神疾患を併発している場合には、そちらの治療も行なって行きます。

心理療法

認知行動療法になります。

本人が状態を記録して、それを検討しながらコントロールして行きます。

薬だけでは治療は難しいと考えられておりますので、心理療法が大切になってきます。

周りの人が気をつけるべき事

過食症の方は、食べる時に一気に詰め込んで食べたり、食事中や食後にトイレに入って出てこなかったり、家の食べ物がよくなくなったり、夜中に起きて食べたりします。

こういった症状に気付いた時には、一度本人を病院へ連れて行きましょう!

過食症だと分かると、周りの方はつい食事に対して干渉してしまいがちですが、それは良くありません。

他の話しをして楽しみ、気を紛らわせるようにしましょう!

投稿者: ウボォー

初めまして、ウボォーと申します。よろしくお願いいたしますm(__)m なんでもあげますが、主にメンタル・哲学的な事を書いて、何かに悩まれている方の力になりたいと考えております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。