拒食症

拒食症とは

摂食障害の一つで、体重が増える事を恐れる事から、過度な食事制限やダイエットをしたり、食後に意図的に嘔吐したりする事がある心の病です。

正式名を『神経性やせ症』や『神経性無食欲症』と言います。

やせているにも関わらず、太っていると感じる事もあります。

極度の栄養失調で突然死を起こす事もある深刻な病で、年齢・性別に関係なく、誰でもかかる事のある病気です。

10~20代でかかる方が多く、男女比は女性の方が多いですが、アメリカの調査によると、男性の数も増えてきているそうです。

原因

『ダイエット』である事が多いです。

やせていく自分に満足感を感じる事で『もっとやせたい』と思うように。又、SNSで自分の姿(やせている事など)が評価される事が悪化に繋がっている事も多いでしょう。

他には、人間関係や社会的ストレスなどがあります。

症状

2つのタイプに分ける事ができます。

・摂食制限型

極度の食事制限や過度な運動(ダイエット)をする事がありますが、過食による嘔吐や利尿剤・下剤を使った排出行為をする事はありません。

・過食排出型

極端な食事制限で飢餓状態になり、その反動で過食後、意図的に嘔吐したり、利尿剤・下剤を使用しての排出行動を行います。

以下では、2つのタイプの身体と心の症状を、まとめてご紹介させて頂きます。

身体

・体重急減少

・低体温、低血圧

・倦怠感

・月経が止まる

・便秘

・不眠

・腎不全

・結核

・骨粗しょう症

・脳委縮

・皮膚乾燥

・手や足の裏が黄色になる

・食道炎

・吐きだこ(嘔吐の繰り返しで、できるたこ)

・虫歯

・イライラする

・抑うつ気分

・集中力や記憶力の低下

・体型や体重の事をいつも気にしている

初期対処が大切です。

症状が酷くなると、逆に過食症になる事もあります。

他にもうつ病・不安障害・強迫性障害を併発する事もあります。

大変複雑になってしまいますので、初期対処が大切になる訳です。

治療

食・生活の指導を受け、規則正しい生活をする事を目標にします。

食事量を少しずつ増やして行く事で、体重を元の状態に戻して行きます。

重度の場合は、入院が必要になる事もあります。

心理療法

身体が回復してきたら、この段階に入ります。

病気故の間違った自己評価や、こだわりを改善して行く為に

『認知行動療法』を行います。

人間関係のストレスが原因の場合は『対人関係療法』を行う事もあります。

お薬

拒食症に直接効く薬はないと言われておりますが、症状による身体の異常に対して、薬で対処する事があります。

他の精神疾患を併発している場合には、薬で対処する事が、拒食症の状態を和らげる事にも繋がります。

周りの方の対処法

本人に病気の自覚がなかったり、深刻に捉えていない事から、途中で治療放棄する場合があります。

そんな時や、治療が長期になる場合には、周りの方のサポートが大切になります。

同じ病気の悩みを持つ自助グループや、家族会に参加するのも良いでしょう。

投稿者: ウボォー

初めまして、ウボォーと申します。よろしくお願いいたしますm(__)m なんでもあげますが、主にメンタル・哲学的な事を書いて、何かに悩まれている方の力になりたいと考えております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。