安部元総理が亡くなられて2日

助かってほしいという願いも虚しく、令和4年7月8日、安部元総理が亡くなられました…

この記事に、政治的意図はなく、安部元総理のファンでもありません。

 

昨日は、朝一で期日前投票に行きました。

帰ってきて、食事・仕事に取組み、テレビは録画したものを流していました。

少しウトウトしてきたので、横になり、1時間ちかくうたた寝していたと思います。

目覚めて、流していた録画が止まると、テレビに切り替わる。

すると速報の文字が目に入り、映像で事件のことだとすぐに分かりました。

『また事件か。物騒だな』と思っていると、銃撃の文字が目に入り『銃撃!?』となった次の瞬間に『安部元総理』の文字が目に入りました。

『は?』一瞬時が止まって、理解できずにフリーズした。信じられなかった。

日本でこんなことが起きるなんて、世も末かと思った。

事件から1時間30分~2時間くらいが経過してのことだった。

 

次の日は、献花に行こうとしたが、感染者が増えていることから、断念することに。

裏があるかないか、そんなことは知らないけど、国の為に行動し続けてきた方の最後がこんなことになるなんて、本当に無念だしあっていいはずがない。

親族・昭恵夫人のことを思うと、言葉もでない…

心よりお悔やみ申し上げます。

 

そして今日は、参議院選挙の投票日。

安部元総理も見守られていると思います。

投稿者: ウボォー

初めまして、ウボォーと申します。よろしくお願いいたしますm(__)m なんでもあげますが、主にメンタル・哲学的な事を書いて、何かに悩まれている方の力になりたいと考えております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。